ivana-helsinki-soko-hotel-title

ホテル・プレジデンッティにはいろいろな雰囲気を盛り込みました。
ビジネス客、海外からの観光客、国内からレジャー客
色々なタイプのお客さんがいるのがホテルだから、
いろいろなタイプのお部屋があれば、
泊まるたびに違う経験をしていただけることでしょう。”

パオラ・スホネン


——自然いっぱいの国、フィンランドへようこそ——


1980年にオープンしたオリジナル ソコス ホテル プレジデンッティ(以下プレジデンッティ)は、カンピショッピングセンターと、国会議事堂のすぐ隣に位置しています。
新しいコンセプトは「フィンランドの雰囲気が存分に味わえる、ストーリーのあるホテル」。デザインとアートディレクションをIvana Helsinkiのパオラ・スホネンが、インテリアデザイン会社(株)KOK03と共に手がけます。

新しいプレジデンッティは、想像力豊かな解釈でフィンランドを表現しています。
アートディレクターを務めるパオラ・スホネンは、北欧と広大な北極圏の雰囲気を、大胆にもフィンランドとミックス!5つのテーマ、冬の嵐、静寂、妖精がたたずむ森、世界でも有名なフィンランド人魂「SISU」、そして夏至を彼女らしい方法で、生き生きと表現しています。

内装には、プレジデンッティのためだけにデザインされたハンドタフテッドラグや、部屋のテーマにあった壁紙などが使われます。また、ホテルのロビーやなどの客室外でも、それらをご覧いただくことができます。

“ストーリーと雰囲気が感じられるような、
フィンランドとエキゾチックな雰囲気がうまく調和したホテルは
まだ見たことがありません。
私たちは、フィンランドのムードと物語を表現したいのです。”

パオラ・スホネン

sokos-hotel

——5つのテーマについて——

・「冬の嵐」
北国特有の冬の嵐にようこそ。雪が優しく舞い降り、外にずんずん積もっていきます。人々は森でスキーをしたり、お家のソファでスキージャンプを見たり。そんな中、熊たちはゆっくり冬眠中。あなたの愛する冬はどんな感じ?

ivana-helsinki-soko-hotel-winter

・「夏至」
夏至のパーティのような、鮮やかなムードの部屋。白夜、暖かなサウナと、美味しいイチゴのケーキ。白樺がそよぎ、原っぱからは花の匂いが漂います。古い言い伝えによると、未婚の女性が枕の下に7つの花を入れて眠ると、未来の夫が夢に出てくるそう。あなたは夢で誰に会いたいですか?

ivana-helsinki-soko-hotel-summer

・「妖精のいる森」
さぁ、妖精のいる森へお連れしましょう。苔むした場所をゴブリンが散歩し、金色の羽を持つ妖精は、朝露に濡れたブルーベリーの上を飛んでいきます。森の木々の間から光が差し込み、そこにはキノコとトロールが。あなたの森はどんな森?

ivana-helsinki-soko-hotel-forest

・「フィンランド人魂 ”SISU”」
世界的に有名な、フィンランド人の強い意志とガッツ。それが”SISU”。これで私たちは灰色の岩も砕き、スポーツ選手を表彰台に上らせ、海の分厚い氷を砕く砕氷船を作りました。不屈で諦めない精神。氷点下でも日々は続き、ブルーベリーを積みに森に行けばたくさんの蚊がお出迎え。あなたに”SISU”が必要だったのはいつ?

ivana-helsinki-soko-hotel-sisu

・「静寂」
ここであなたは静寂と沈黙を経験します。横になって、ささやくような風の音と、波の音に耳を傾けてみて。静かな北の荒野。フィンランドは地球上で一番静かな場所なのです。フィンランド人は沈黙を好みます。この部屋はあなたのためのもの。この部屋の落ち着く色合いをお楽しみください。そしてぜひ、深く呼吸してみて。

ivana-helsinki-soko-hotel-silence

翻訳:石森弘子